離婚後の住宅ローン、連帯保証人を外す方法はありますか?

事例 連帯保証人

離婚後の住宅ローン、連帯保証人を外す方法はありますか?

投稿日:2018年10月25日 更新日:

離婚後の住宅ローン、連帯保証人を外す方法は?

Q.離婚します。私と子供は家を出て実家に戻り、主人がマイホームに住み続けます。

私は、主人の住宅ローンの連帯保証人になっていますが、連帯保証を外すことはできますか?

A .交渉は困難ですが、可能性はあります。全く手段が無いわけではありません。

ただし、いま利用している住宅ローンを取り扱っている金融機関に相談することは時間を有効に使えているとは言えず、無駄になることが多いです。

住宅ローン診断士で、元銀行員、住宅ローン審査担当経験者の立場からお伝えします。

 

なお、お急ぎの方はLINEにて24時間無料で相談できます。
無料相談を利用のLINE登録者数は700人を超えております。
今すぐ下のボタンから友だち追加して、LINE相談をご利用ください。

離婚時の住宅ローン。なぜ連帯保証人を外す交渉は困難なのか?

 

端的に言って、銀行には何もメリットがないからです。

メリットがないどころか、銀行にとっては、連帯保証を外れたいという交渉は、一方的に不利になる交渉です。
窓口の担当者としては、無理だと言って突っぱねた方が得なのです。

そもそも離婚にかかる住宅ローンの一本化などの変更を一切引き受けない金融機関もあります。
例えば、フラット35などがそうです。

 

離婚時の住宅ローンの連帯保証人はどう外す?

 

結論を言うと、希望する条件で、新たに住宅ローンの借り換えができる金融機関を探し、その金融機関に対して、ご主人名義のみの住宅ローンを申し込んで、審査を通すことが最善策です。

金融機関の住宅ローン担当者のモチベーションも保てます。

とは言え、離婚後の住宅ローン一本化に対応してくれそうな金融機関が多いわけではありません。
借り入れる方の年収、勤続年数、不動産価値などの条件によっても、借り入れしやすい金融機関とそうでない金融機関があります。

ですから、借り換え申込者の職業、勤続年数、年収等に加えて、直近のローン返済時に遅滞がないかなどを加味して、申込みすべき金融機関を探すことになります。

 

住宅ローンの借り換え先を探す前に

 

住宅ローンを借り換えるということは、当然のことながら、夫が新たに住宅ローンの審査を受けることになります。

ですから、あなたの夫の協力が不可欠です。

もし、今までの住宅ローンの返済が滞っていたり、勤め先が変わっていたりした場合など、以前の住宅ローン申込み時点と状況が変わっていたら、ローン審査に支障をきたす場合があります。

 

夫が住宅ローンの借り換えが出来なさそうな場合

 

夫の協力が得られなそうなときや、そもそも年収、返済状況などにより借り換えが出来なさそうな場合、次の対策を検討してください。

ただし、夫の住宅ローンの支払いが滞った場合、連帯保証人であるあなたに対してローン支払いの請求が来ることは避けられません。

ですから、可能な限り、次の対策が取れないかどうか探ってみてください。

夫の親類を連帯保証人に追加

 

夫の両親や兄弟などで、新たに連帯保証人となれそうな人が居ないかどうか確認してみてください。

金融機関によっては、あなたとの連帯保証人を入れ替えることを受け入れてくれるかもしれません。

ただし、交渉の難易度は高いです。素直に、住宅ローンの連帯保証人に追加したいと交渉した方が、金融機関側としても受け入れ易くなります。

連帯保証人を追加するとどうなるかというと、あなたの連帯保証を引き受ける負担が少なくなります。

あなた1人が連帯保証人であった場合、ひとり追加すると負担は2分の1になります。

 

ただし、金融機関からは全額請求される可能性は残ります。

 

住宅ローンの保証料を請求

 

あなたが連帯保証をしている場合、ローンの借り主である夫に対し、連帯保証料を請求できます。相場は、借り入れ残高の1%です。

 

ただし、連帯保証人となっていれば当然の権利として請求できるわけではありません。

そもそも、お金が無さそうだということであきらめてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、あなたの持っている権利として、どのような権利があるかということは把握しておくべきだと思います。

 

まとめ

 

まず、家に住み続けるのは誰なのか、を整理します。基本は、家に住み続ける人が、名義人でありローン返済者であることで、基本に合わせるように検討します。
その際、離婚に伴ってローンを1本化するために、新たな金融機関と交渉することを前提に考えてください。
借り換え先が見つかりそうなら、現在利用中の金融機関との交渉も有利になると思います。

-事例, 連帯保証人

執筆者:

関連記事

共同名義の住宅ローン付き自宅の名義を離婚後一本化する方法

共同名義の住宅ローン付き自宅の名義を離婚後一本化する方法

Q.離婚検討中です。 共同名義で、夫70%、妻30%の住宅ローン付き自宅があります。私は正社員で働いており、ローンは自分がすべて払ってきました。 返済はまではあと20年以上あります。 夫は、離婚した後 …

義父の名義の土地上に、夫の名義の家と住宅ローン。離婚時の自宅の財産分与はどうする?

義父の名義の土地上に、夫の名義の自宅と住宅ローン。離婚時の自宅の財産分与はどうする?

Q.妻の父の持っている土地に、僕の名義100%で家を建てました。 新築時に、自分の名義で住宅ローンを利用しています。 この度離婚することになりました。妻から財産分与の請求を受けています。 相手の親の持 …

住宅ローン支払いと婚姻費用請求の関係

住宅ローン支払いと婚姻費用請求の関係

Q.マイホームに子供と住んでいますが、夫とは別居中です。 生活費の一部として婚姻費用を請求できるかどうか知りたいです。 夫の年収は、私の年収よりも数倍多いので、生活費の負担根拠として、婚姻費用が請求で …

離婚時の財産分与、親から住宅ローン支援で贈与を受けた分は返すべきなのでしょうか?

離婚時の財産分与、親から住宅ローン支援で贈与を受けた分は取り戻せるのでしょうか?

Q.住宅購入時に、私の父親から、住宅購入資金として1,000万円の贈与を受け、夫の100%名義で3,000万円の住宅ローンを組んで総額4,000万円のマイホームを購入しました。 この度離婚しますが、自 …

離婚後の夫名義のマイホームに住み続けます。私が連帯保証人なので住宅ローンを払い続けるつもりですが、問題ありますか?

離婚後の夫名義のマイホームに住み続けます。私が連帯保証人なので住宅ローンを払い続けるつもりですが、問題ありますか?

Q.離婚することになりましたが、子供の環境を変えたくないので、私と子供がいまの自宅に住み続けます。自宅は夫名義で、住宅ローンも夫の名義ですが、私が連帯保証人です。 連帯保証人は債務者と同じだと聞いたこ …